efoとはどういう意味や効果がある?

ECサイトなどを運営している場合、efoはとても重要です。しかし、ECサイトを運営している人でも、efoを知らない人がたくさんいます。また、言葉は知っているけれど具体的にどういったものなのかが分からない人もいます。

そこで、このページではefoとはどういう意味なのか、またefoを導入した体験談も紹介します。

efoとは

efoとは、エントリーフォーム最適化(Entry Form Optimization )で、お問合せや登録フォームの入力を改善するという意味になります。ECサイトに限らず、ホームページには商品を購入するときに登録フォームからお問い合わせをします。

そのお問い合わせを改善すれば、更に商品が売れるようになり利益を上げることができます。このefoを行っていない場合、せっかく商品を購入しようとしてもフォームのせいで離脱してしまう人がいます。離脱する理由は様々ですが、例えば入力の項目が多かったり、エラーによって中々送信できなかったりと、利用者が不便に感じることがほとんどです。

そういった問題の解決方法として、efoを導入して利用者の満足度を上げていきます。もし、efoをしていないと損失が大きくなる可能性があります。ECサイトでよくやる対策としては、ホームページの見易さやライティングの向上、SEO対策などですが、フォームに対して力を入れているecサイトは少ないのが現状です。

そのため、せっかく商品に興味を持ってくれても、最後のお問い合わせで離脱されてしまい、せっかくの利益がなくなる恐れがあります。そういったことを防ぐ手段として、efoを使って利用者が購入しやすい環境を作り出していきます。

入力フォーム最適化の重要性

入力フォームを最適化していない場合の問題としては、「フォームに辿り着いても面倒になり離脱する」「項目が分かりづらい」「送信したのにエラーが出てしまう」です。「フォームに辿り着いても面倒になり離脱する」とは、入力項目が複雑で何を入力すれば良いのか分からなかったり、入力に時間がかかったりする場合です。

入力する項目が分かりづらいと、利用者は諦めてしまいます。もしかしたら他のECサイトで同じ商品を購入してしまう恐れもあります。そのため、入力項目をできるだけわかりやすく、簡単に作らないといけません。

また、項目が多すぎるのも問題です。入力内容がたくさんあると面倒に感じてしまい、離脱の原因になります。「項目が分かりづらい」とは、何を入力したらいいのかがハッキリしない場合です。そのため、スムーズに各項目を入力できないと、ストレスに感じて結局諦めてしまいます。

「送信したのにエラーが出てしまう」とは、せっかく各項目を埋めて最後の送信ボタンをクリックしても、入力ミスや必須項目の未入力などで、うまく送信できずにエラー画面になってしまうことです。

せっかくすべて項目を入力したのにエラーになってしまうと、利用者はイライラします。このように、入力フォームには様々な問題があります。こういったことを解決するために、入力フォーム最適化がとても重要になります。

入力フォームの改善ポイント

入力フォームの改善ポイントは、「項目の多さ」「フォームの見易さ」「スムーズな送信までの流れ」です。「項目の多さ」とは、商品を購入するのに最低限の項目にすれば、利用者も面倒に感じません。例えば、名前や住所は必要ですが、商品を買った理由やこのECサイトをどこで知ったのかというアンケート部分です。

利用者は商品を購入したいだけなので、購入に必要な項目なら問題にしません。しかし、アンケートについては購入するのに意味がないので、そういった項目があると面倒に感じてしまいます。ただし、アンケートの部分が任意の場合は問題ありません。

必須になっていないため無視できるからです。「フォームの見易さ」とは、フォーム画面を見た瞬間に入力する項目が少なかったり、他のページへのリンクが無かったりする場合です。入力する項目が少なければ、それほど手間がいらないので利用者もストレスを感じにくくなります。

また、他のページへのリンクについては、興味のあるバナー広告があると、そちらが気になってフォームから離脱する恐れがあるためです。そのため、お問い合わせフォームは、なるべくシンプルに作らないといけません。

「スムーズな送信までの流れ」とは、入力する項目が少ないのはもちろん、送信ボタンをクリックした後にエラーが出ない場合です。特に必須項目が多すぎる場合は、せめて任意にしておくことで、送信までの流れをスムーズにできます。

こういった改善をするだけでも、お問い合わせが増える可能性があるので、efoはとても重要になります。

efoを導入したECサイトの体験談01

ECサイトを運営していますが、商品を購入する人が少ない印象でした。サイトへのアクセスは多いのに、それに見合ったお問い合わせが少ないため、efoを導入してフォームの改善をしました。改善といっても、入力する項目を減らして、お問い合わせまでの手間を少なくしただけです。

ところが、入力項目を減らしただけでも、お問い合わせが3割ほど増えました。フォームを少し変化させるだけで、これほどの効果があるのは驚きです。また、必須にしていた項目を任意にしたことで、さらにお問い合わせが増えました。

利用者のことを考えてフォームを改善するだけで大きな効果が期待できるので、もっと早くフォームを見直せばよかったと感じています。

申し込み率をアップさせるための入力フォームとefoツールでできることとは?

efoを導入したECサイトの体験談02

今までは商品のページや購入してくれるようなキャッチコピーなどを考えていましたが、アクセスは増えるのに中々お問い合わせがありませんでした。これ以上改善点が見付からなかったため、フォームの改善をしてみることにしました。

その理由は、アクセス解析を見ていると、お問い合わせのページまでは進んでくれますが、その後の送信まではいかずに離脱していたからです。そのため、フォームをシンプルに作り直して、他のページへのリンクも少なくしました。

すると、修正したその日からお問い合わせが増えていきました。

今までは、入力項目が多くてもそれほど気にはなりませんでしたが、利用者にとってはかなりのストレスだったんだなと思います。ECサイトのアクセスを増やすのは当然ですが、商品を買ってくれないと意味がありません。

その商品を買う最後のフォーム部分が良くなかったため、アクセスが上がっても売り上げが増えなかったんだと思います。

参考(EFO(入力フォーム最適化)のエフトラEFO【平均22%成績アップ】)